会長挨拶

所信表明

 

 

201718年度会長 東條 勝

 

 

201718年度、喜多方中央ロータリークラブ会長を拝命いたしました。

私としましては、身に余る重責であり身が引き締まるところでありますが、皆様のご協力を得られるよう誠心誠意務めていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

今年、米国サンディエゴで開催された国際協議会で、201718年度のRIテーマについて「イアンH,Sライズリー会長」が【ロータリー:変化をもたらす】と提唱されました。環境悪化と世界的気候変動は全人類の脅威であると述べています。

 

環境問題への問いかけは喫緊の課題といえます。その一つとして植樹をして二酸化炭素の減少及び温暖化防止を図るものです。また、男女会員バランスの改善、会員の平均年齢低減を図るべく若い会員の獲得など、一人でできないことを会員が力合わせれば可能と成るとしています。

 

また、2530地区鈴木邦典ガバナーは、「ロータリーに関する好ましい公共イメージを作り出すため」に、6点の課題を提示しています。

会員増強として、50名以下のクラブは純増1名以上。女性会員および40歳未満の会員の発掘。ポリオ撲滅。平和の推進。環境の保護。ロータリー認知度アップ。財団及び米山への協力などです。

 

これらをふまえて、我が喜多方中央ロータリークラブとしての本年度活動目標は、「一点目として」地区補助金を活用し喜多方市の花いっぱい運動に参加し潤いのある町作りに協賛する。作成に当たっては耶麻農高の協力をいただきます。

 

「二点目として」喜多方市美術館主催の「ふるさとの風景画展in喜多方」に協賛し青少年の部優秀賞へのクラブロータリ賞の創設をしてクラブイメージアップを図りたい。「三点目として」今年度は分区ガバナー補佐を輩出するクラブとして、分区補佐及ぶ分区幹事への協力をクラブ全体で支えたい。

 

分区最大の行事であるIMは実行委員長を中心として取り組みに万全の体制をもって望みたい。まして、IM開催はクラブ員の協力をなくして成り立ちません皆さんの賛同を戴きたいとおもいます。「四点目として」今年度当番であります三クラブ合同例会に多くの会員に参加とご協力もお願いいたします。

 

「五点目ですが」当然、歴代に取り組んで参りました、次の項目も

RI会長長への挑戦

②会員増強純増1名以上

③環境保護の推進

④エコキャップ回収の推進

RIイメージアップ

などを図っていきたいと思います。

 

尚、今年度のゲストスピーチは圏域の各種奉仕団体(ボランティア)を中心に市内企業の取り組みを紹介し拝聴し、今後のクラブ活動に生かして行きたいと思います。

これらの各項については、クラブ員の参加と協力が大切と考えますので宜しくお願い申し上げ挨拶といたします。

 

 

 

 

事務局

福島県喜多方市字沢の免7331

  会津喜多方商工会議所内

 

TEL:0241-22-5921

代表電話受付時間 9:30~15:30

 

email:

info@kitakatachuo-rotary.jp

 

 

スマートフォンにも対応しています

こちらのQRコードを読み取りスマホからアクセスしてください。

 

*旧来の携帯電話(ガラ携)には残念ながら対応しておりませんのでご了承ください。

お気軽にご連絡ください

メイクキャップ大歓迎!

取材依頼大歓迎!

新会員随時募集!

 

お問合せはこちらから